スポンサードリンク


こんにちは。イソムラムセンの曽我です。

昨日は豊田おいでん花火大会でしたね。

毎年キレイで豪華な花火を打ち上げてくれます(^^)

我が家の裏庭から見える花火を4Kビデオカメラで撮影してみましたよ。

豊田おいでん花火大会は毎年撮影しているのですが、なかなか難しいですね(^^;)

ビデオカメラの設定が明るすぎると、花火の光がくっついて
明るく白飛びした光のカタマリになってしまいます。

今回は過去の失敗に鑑みて、明るさを手動にして暗めに撮影してみました。

ビデオカメラの今回の設定は以下のとおりです

フォーカス:マニュアル(無限遠)
絞り:マニュアル(F2.4)
ゲイン:マニュアル(0db)
色温度:5500k

 

いかがでしょうか?

花火の細かい部分がクッキリ映りましたが、全体としてはちょっと暗い感じの花火ビデオに見えますね。

花火をクッキリ映したい場合は、カメラの設定をちょっと暗めに設定します。

 

※ビデオカメラの設定で「花火モード」がある場合は迷わず選択してくださいね。

 

また、ズームしすぎると画面全体に迫力ある花火が撮影できますが、
花火にピントが合わなくなってしまうこともあります

今回はあまりズームをせず、無限遠でピントが合っている事を重視しました

後から観たときに「ウチの自宅からみえたのはこのくらいだったね」という意味もこめています。

花火大会の映像の前に、自分たちがどんな表情で観にいったのかや
花火大会の後の感想など加えるといい思い出ビデオになるのではないでしょうか。

 

ビデオ編集もそんなに凝ったことを求めなければ、
パソコンに取り込んだ後、「PlayMemories Home」(ソニーの無料画像管理ソフト)で
必要部分だけ切り出ししてすぐにyoutubeへアップロードすることができますよ。

Youtubeへのアップ方法:PlayMemories HomeからYoutubeを開いたブラウザへドラッグ&ドロップ

また改めて詳しく手順をアップしますね。

 

明日から8月。まだ各地で花火大会が行われますから、
なにかのお役に立てられたらうれしいです。

最後までお付き合いありがとうございます。

今回撮影したビデオカメラの詳細は以下からどうぞ

icon

こうみえて家庭用ハンディカムなんですよ

ソニーストア価格420,880円+税(2017年7月31日現在)
長期保証3年ベーシック付属
icon翌日出荷できます

 

PlayMemories Homeのダウンロードは以下からどうぞ

http://support.d-imaging.sony.co.jp/www/disoft/int/download/playmemories-home/win/ja/index.html

スポンサードリンク