スポンサードリンク


※2017年5月24日 追記
2016年4月発売のBDレコーダーから写真の取り込み機能が削除されました。
このため、本記事中で紹介している写真の取り込み、音楽付き写真スライドショーを作る機能に関しては、2015年以前のモデルで可能です。
参考:写真取り込み可能な機種(ソニーBDレコーダーサポートページ)
Q:本機で取り込み・再生できる写真のファイル形式は?

 

「パソコンで整理している写真や動画を抜粋して、ブルーレイディスクレコーダーに取り込みたい。」
とのご要望がありました。

BDexport0001
バイオやタブレット、ブルーレイを活用されている梅村さん。
ファイルがキレイに整理されており、スタッフの曽我も驚きました!

ソニーのブルーレイディスクレコーダー(以下BDレコーダー)は、動画や写真の取り込みが、とても簡単です。
ビデオカメラのUSBケーブルやメモリーを差し込んで、「カメラ取り込み」ボタンを押すだけです。

しかし、パソコンに入っている写真や動画を、BDレコーダーに入れる場合には、ちょっとしたコツがあります。
そのままUSBメモリーに、写真や動画をコピーしただけでは、BDレコーダーが反応してくれません。

コツは、
「BDレコーダーに合った状態にしてやる必要がある」ということです。

では、どうやったらよいのか?

これには、ソニー製の画像管理ソフトである「プレイメモリーズ ホーム」を使うと楽です。
パソコンの中から、USBメモリー入れたい写真(あるいは動画)を選び、「書き出し」の機能を使って、USBメモリーにコピーしてやるのです。

この方法を経ることで、BDレコーダーで取り込み可能な形に整えてくれるのです。

コツさえわかってしまえば、パソコンに入れた画像が、BDレコーダーに取り込めます。

例えば、50年前の古い写真をスキャナーでパソコンへ取り込み、「書き出し」の手順でUSBメモリーへ書き出せば、BDレコーダーに取り込んで「50年前の写真集スライドショー」を作ることもできます。
そうなのです!
デジカメで撮影した写真以外にも、応用が利くようになります!

梅村さんからも、
「ブルーレイディスクレコーダーで音楽付の動画が作れるのがいいですね。」
「ブルーレイディスクレコーダーからなら簡単にディスクへコピーできて、友人に渡せるから便利だね。」
など、ご満足いただけたご様子。

ちょっとしたコツで、皆様のやりたいことが広がります。
ソニー専門店として、製品を活用する楽しさを、お手伝いできれば幸いです。

 

 

スポンサードリンク