スポンサードリンク


前回の運動会特集では、シーンに合わせた撮影テクニックについてご紹介しました。
前回までの内容はこちらから

~運動会特集1~運動会に行く前の準備
~運動会特集2~シーンに合わせた撮影テクニック

今回は、わずかな工夫で映像に臨場感をについてご紹介します!

(この内容は、ソニーハンディカム「運動会を撮ろう」WEBページを基にしています)

主婦でも扱える、小さな4Kが出た。

撮るときは両手で。

団体競技は全体の動きも撮ろう

競技中は、どうしてもお子さんのアップ動画になってしまいがち。
団体競技の場合は、全体を移してから、お子さんへのズーム、またはアップ動画へとつなげたほうが、内容がわかりやすくなります。

録画しながらズームする際のコツ

  • どこを最終地点にするか確認する
  • 最終地点へ一直線(最短距離)で向かうようにズームする。
  • ズームした状態でお子さんを探すと、テレビで観たときに画面酔いするので、ズームしたまま探さない。
  • ズームしすぎて、またもどすと見づらくなるので、一発のズームで欲しい大きさに決まるようにズームする。
    (大きくしたり小さくしたりすると、昔のスターどっきりマル秘報告状態になる)
  • ズームレバーの倒し具合によって、ズームするスピードが変わるため、あらかじめズームスピードを練習しておくと安心。(早すぎ、遅すぎのズームは見づらい)

 

ダンスは音にもこだわりを

ダンスなどの出し物は、最初から最後までノンストップ。録画をストップしないほうがいいです。
あとでビデオを観たときに、音楽が途切れていると、つながりの悪い映像になりがちです。

たとえば、パソコンを使ってビデオ編集をする場合、歌の1番と3番の部分を残して、2番の部分をうまくカットすれば、音楽に違和感なく、ビデオを短く編集することもできます。

ひと味ちがうビデオにするために・・・
外部マイクのオススメ

ビデオカメラだけで録音すると、カメラのすぐ近くの声や、雑音が入ってしまいます。

そこでガンズームマイクがオススメです。
ガンズームマイクを使うと、マイクを向けた方向の音が大きく入り、周りの音は小さく録音されます。
こうすることで、ビデオを撮っている周りのお母様方の応援の声を抑え、より臨場感のある映像になります。

ソニーのガンズームマイクは下記から
icon
icon

カメラを動かしたら5秒静止した映像を撮る

  • ズームした直後
  • カメラを左右に動かす(パン)

上記のようにカメラを動かしたあとは、5秒静止した映像を録画します。
こうすることで、後でビデオを観たときに、一呼吸間があくので、落ち着きのある映像となります。
編集をする際にも、カットする部分に余裕ができます。

今回は以上です。

次回は、キレイに撮れた映像をみんなで楽しみたいについてご紹介します。

 

運動会に最適!なハンディカムは下記をクリック
icon
icon

スポンサードリンク