スポンサードリンク


あなたはYoutubeをスマホで見ていますか?タブレットで見ていますか?
家にいるときも、スマホで見ていますか?

それはモッタイナイ!
ぜひ、テレビで見てください。

まずは、今日の新曲、

【Youtubeをテレビで見るうた】をご覧ください。

そうなんです、最近のテレビはYoutubeが観られます。
もしも、お使いのテレビにその機能が無い場合でも、PS3やYoutube対応ブルーレイディスクプレーヤー(ソニーBDP-S6200等)を使うことで、最新のYoutube対応テレビと同じ事ができます。

Youtubeの画質も、高画質のものが増えてきました。
テレビの大画面に映しても、地デジと同じくらいキレイに観られます。
(中には、地デジより圧倒的にキレイな、4K動画もYoutubeに出てきていますよ。)

大画面なら、お一人で優雅にワインを飲みながら楽しむこともできます。
また、家族で観ながら楽しむこともできますね。(^^)

テレビでYoutubeを観るのに、スマホ(タブレット)を使うメリットは、

検索が楽なのです。

テレビのリモコンで文字を打つのは、結構大変。
PS3のコントローラーで文字を入れるのも、結構大変。

だからそこで、スマホ&タブレットですよ。
スマホのYoutubeアプリで、音声検索。
リストから観たい動画を選んだら、テレビにホイッ!と映せば良いのです。

テレビとスマホは、イイ関係ですね!

 

【ちょっと詳しい話】

今回のYoutubeを楽しむ方法は、受ける側のテレビがYoutubeを再生します。
つまり、タブレットやスマホからYoutube再生の指示を出し、再生するのはテレビ自身(または受けとなるPS3やBDプレーヤー)がインターネットにアクセスして、Youtube動画を再生しています。
その証拠に、動画が再生されたら、スマホやタブレットの電源を切っても、スムーズに再生しています。
受けとなるテレビやPS3はが無線LANの場合は、速度が足りないと動画が途切れることがあるので、有線LANでの接続をオススメします。

これに対し、スマホやタブレットの画面そのものをテレビに映す方法もあります。

  • タブレットorスマホを、対応するHDMIケーブルでテレビとつなぐ方法
    (メリット=遅延が少ない。デメリット=コードが邪魔)

    • MHL対応スマホと、MHL対応テレビの場合は、MHLケーブルを使用。(テレビから電源供給される)
    • MHL対応スマホと、MHL非対応テレビの場合は、外部電源を入力できるタイプのMHLケーブルを使用。
    • HDMI出力対応スマホの場合は、microHDMI-HDMIケーブルでテレビとつなぐ。
  • タブレットorスマホを、ワイヤレスでつなぐ
    (メリット=コード不要。デメリット=両方対応している必要がある。映像が遅延する。Youtubeのような動画は映像が荒れる場合がある)

    • スマホもテレビも両方「スクリーンミラーリング」対応なら、ワイヤレスで直接テレビに接続可能。

Youtubeを受信機器側に再生させているのか、それともタブレット(スマホ)の映像と音声をそのまま出力しているのか、自分がしたいのはどちらなのかを把握した上で使い分けるとよいですね!
Youtubeは、今回の動画のように受信機器側で再生させる方が、スマホは別のことをしていてもOKなのでオススメです。

 

豊田市内の方で、「やってみたい!」、「もっと詳しく聞きたい!」という方は、当店までお問い合わせ下さい。

ソニーショップ磯村無線
電話0565-45-4611

 

PS3をご検討の方は、下の画像リンクから詳細をご確認下さい

icon

PlayStation(R)3 500GB チャコール・ブラック

ブルーレイディスクプレーヤーBDP-S6200をご検討の方は、下の画像リンクから詳細をご確認ください。
この機種は、無線LAN(Wi-Fi)内蔵なので、LANが配線できない部屋にも便利!
しかもこの無線があるお陰で、スマホ(タブレット)の画面をそのまま映すことができる”スクリーンミラーリング”にも対応します!

icon

ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S6200

icon

icon

スポンサードリンク