スポンサードリンク


こちらでは、皆様のお役に立ちそうな、お楽しみセミナーの情報です。

4Kテレビ体験会へのご参加、ありがとうございます。

昨年は、4Kテレビ体験会&セミナーに多数のご参加をいただき、ありがとうございます。
本年も、引き続き4Kテレビ、4Kビデオカメラの体験やセミナーを行っていきます。
皆様に、ワクワクする感動の体験をお届けしたいと考えております。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

4Kテレビで豊田市の地図を見ているところです。

4Kテレビで豊田市の地図を見ているところです。細かい部分も見えるので、思わず近くで見たくなります。

「4Kだと、何がいいの?」
「そもそも、4Kってなに?」
「今までのテレビではいかんの?」

などなど、分かりやすく解説します。
特に、大型テレビに買い替えようとされている方は、4Kを知らずしては非常にモッタイナイです。

ご自身のデジカメ写真を映すことも出来ますので、メモリーカードをご持参ください。
「え!?こんな所まで見えるの!?」と、
今までのテレビとの違いを、ぜひご自身の目でお確かめください。

4Kハンディカムも体験できます!

4Kハンディカム「FDR-AX1」もございますので、体験して頂けます。「今までのカメラとどう違うのか?」

「実際に、どのくらい映りが違うのか?」

お試し下さい。

左:HDVカメラ 中央:AVCHDカメラ 右:4Kカメラ

左:HDVカメラ(HDR-FX1) 中央:AVCHDカメラ(HDR-AX2000) 右:4Kカメラ(FDR-AX1)

上記の写真のカメラの説明

 HDR-FX1(左)2004年発売

2004年発売のハイビジョンカメラです。このカメラの登場で、家庭用ハイビジョンカメラが普及し始めました。
従来からあるminiDVテープにハイビジョン記録ができます。従来のDV規格のテープの再生と記録もできるため、DVカメラからの買い換えをしても今までのテープが見られるメリットもありました。

HDR-AX2000(中央)2010年発売

従来のテープを廃止し、メモリーカードによる記録となりました。記録はテープ式のHDR-FX1がHDV規格の1440×1080に対し、1920×1080となり、よりキメの細かいハイビジョン映像の記録ができるようになりました。

FDR-AX1(右)

そして、一番右が4Kハンディカムです。2004年発売のHDR-FX1から続いたハイビジョン記録から約10年、フルハイビジョンの4倍の細かさを持つ4Kハンディカムの登場です。
どのくらいキレイなのかは、ぜひ店頭にてお確かめ下さい!

 

磯村無線 電話:0565-45-4611

展示4Kテレビ:
KD-65X9200A(65型でスピーカーが横にあるタイプ)
KD-55X8500A(55型でスピーカーが目立たないタイプ)

ご家族ご友人をお誘い合わせの上、ご来店下さい。

スポンサードリンク