スポンサードリンク


今日の話は、前半がパソコン修理、後半がタブレットを上手に契約するコツです。

まずはパソコン修理の件から。

とある会社様より、「パソコンが立ち上がらない」とのお電話あり。
パソコンメーカーに問い合わせをされたところ、

「初期化してください」
との返答だった、とのこと。

しかし!
パソコンの中には、お客様の受注メールが!
しかも、大切な書類データの入った、他のパソコンと共有していた「共有フォルダ」は、まさのこのパソコンの中!

出張サポートで駆けつけました。

社長様とお名刺交換、ご挨拶。
早速パソコンを立ち上げると、、、

ユーザープロファイルを読み込めません。

「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。
ユーザー プロファイルを読み込めません。」

立ち上がりません。
パソコンが立ち上がる時の、大事な部分が壊れてしまったようです。

がんばります。

カチャカチャ、カチャカチャ。((m(._.)m)

直った。(^_^)v

簡潔に手順をご紹介すると、セーフモードで立ち上げて、レジストリエディタを開き、ユーザープロファイルに関するレジストリを修復。
これで、パソコンは復旧しました。
メールも無事、使えました。
念のため、メール、書類、お気に入り等、主だったファイルはUSBメモリーにコピーし、保管してもらいました。
(USBメモリーは、万全ではありません。大切なデータは、複数のメディアにコピーすることをオススメします。)

さらに、パソコンの動作を速くするために、余計な機能を止め、不要なファイルを削除して、サクサク動作になりました。

メールについては、今後、メールをするパソコンが壊れても困らないように、どのパソコンからも同じメールが送受信できるように、クラウドを活用した設定を行いました。
これで今後は、ネットに繋がったパソコン、スマホ、タブレット、どれでも会社のメールアドレスで送受信できます。
とても便利になりました。

 

ついでに、タブレット端末のご相談も。

3台のタブレット端末を契約する御見積を持ってみえました。

taburetto2

しかし、話をお聞きすると、そのうち1台は事務所内のみで使用するとのこと。
それなら、通信契約はしないで、事務所内に5000円程度のWi-Fiルーターを設置すれば、毎月の通信費用はゼロにできます。
年間、約6万円の節約です。

さらに1台は、スマホをお使いの社員さんがタブレットを持ち出す予定とのこと。
それなら、スマホの電波を使ってタブレットのネットができますから、これもタブレットの通信契約は不要です。
スマホの「テザリング」機能を使います。
上記の2台のタブレットは、通信契約無しの、端末買い切りのWi-Fiモデルで良いわけです。

残りの1台は、誰が持ち出してネットをしても良いように、この1台だけは通信契約をすれば、目的達成です。

元の御見積では、1年の通信費が、
約5,000円の通信費×3台×12ヶ月=約18万円!!

それが、使用目的に合わせた持ち方の工夫で、

約5,000円の通信費×1台×12ヶ月=約6万円。

年間約12万円の節約です!でかい、でかすぎます。
使いたい目的は全く同じで、年間12万円も違ってきます。

私が今まで出会った方々の中には、不必要な契約を2重、3重ににされてしまっている方もみえます。
一度契約すると、中途解約の場合に違約金が出てしまうことがありますので、経費にも打撃です。

そこで、
上手にタブレットを契約するコツ!

  • お店や事務所の中だけで使うタブレットは、通信契約しない!
    →事務所内に、5,000円程度のWi-Fiルーター(無線親機)を設置すれば、ネット可能。
    →タブレットは、ケータイショップではなく、電気店で扱っている「Wi-Fiモデル」を購入する。
  • スマホを使っている営業さんなら、タブレットの通信契約は不要!
    →スマホの通信を使って、タブレットもネット可能。「テザリング機能」という。
    →主にメールや書類の添付なら、通信データ上限の7GBに届くことは、ほぼない。Youtube動画などを再生しまくる場合は、データ上限に注意。
  • ガラケー持ちで、外でタブレットを使いたい場合
    →ケータイショップ扱いの、通信契約のあるタブレットを契約するか、モバイルルーターを契約して電気店扱いのWi-Fiモデルのタブレットを購入する。

目的に合わせて、不必要な通信費を抑えましょう!

ちなみに私は、
ノートパソコン、10インチタブレット、6.4インチタブレット、スマホ2台、計5台の通信機器を持ち歩いています。
でも、通信費は、スマホ1台分だけ。
これで全部同時に繋がるんです。
便利です。

通信費は、見直すことで経費削減効果の高い分野だと思いますので、詳しい方にご相談されることをオススメします。

 

磯村無線からのお知らせ

ビデオカメラセミナー次回は7月31日(木)15時からとなります。
参加を希望される方は、メールかお電話にてご予約ください。
ソニーショップ磯村無線
電話0565-45-4611
Eメール info@isomuramusen.jp

2014-07-21_4Khandycam2

スポンサードリンク