スポンサードリンク


今、毎日Windows10アップグレード問題で、パソコンをお預かりしてメンテナンスしているところです。
しばらく続きそうで、ここんとこ休日返上で作業しています。
全国の(世界中の?)パソコンサポート業の皆様!
えらい状況になっていると思いますが、頑張りましょう!
少々無理しないと台数こなせないと思いますが、無茶はしないようにしたいところです。

さて!今日の話題です。

印刷するとき、マウス使っちゃダメよ。
給料泥棒だよ、というのは言い過ぎですが、まあご一読を。

パソコンで印刷するとき、マウスを使わないで印刷すると驚かれることが多いですが、常用すると便利ですよ。
キーボードでctrl+p、enterで印刷です。

このように、キーボードを組み合わせて操作する方法を、
「キーボードショートカット」
と言います。

トントン!と、0.5秒くらいでプリント命令出せます。

これがマウスの場合は、こうなりますね。

  • マウスに手を伸ばす
  • 「ファイル」までカーソルを移動(ワード、エクセル等)
  • 左クリック
  • 「印刷」までカーソルを移動
  • 左クリック
  • 「印刷」のアイコンをクリック

3秒くらい掛かるのではないでしょうか?

これじゃぁ、カーソルを追って見て操作するから目は疲れるし、マウス操作が多いので腕も肩も疲れますよね。

つまり、キーボードで0.5秒でできることが、
マウスでは3秒、6倍もの時間を掛けていると言えます。
目、肩、腕の疲労も同じですね。

また、アルバイト代とか給与という面で見ると、同じ結果を出すのに6倍も時間が掛かる方法をしていれば、大きなコストです。
パソコンの操作においては、マウス操作されている方が、まだまだ多いように思います。

基本的な操作だけでも、キーボードショートカットを使えば会社で、ひいては日本中で、目に見える数字に出るほどの利益に繋がると思いませんか?

えらそーな事を書いてスミマセン。
でも、キーボードショートカットを使えば、皆さんの疲労の軽減、お仕事効率アップは、間違いないと思います!

代表的なキーボードショートカット(Windowsパソコン)

その操作ができる場面なら、ワードでも、エクセルでも、インターネットブラウザでも使えます。

  • 印刷=ctrl+P(プリントのP)
  • コピー=ctrl+C(コピーのC)
  • 貼り付け=ctrl+V(コピーの隣)
  • 直前の状態に戻す=ctrl+Z(アルファベットの最後だから最後の状態へ)
  • 保存=ctrl+S(セーブのS)
  • 新規作成=ctrl+N
  • 閉じる=alt+F4

などなど。

ぜひ、「キーボードショートカット」でネット検索してみてくだいませ。
m(_ _)m

上から目線のパソコンうんちくでした~。

スポンサードリンク