スポンサードリンク


気軽に使えるステレオスピーカー、「SRS-A1」が届きました。

SONY DSC

ソニーストアから、かわいい段ボールの箱で届きました。

SONY DSC

段ボールを開封すると、緩衝材として紙が入っています。

SONY DSC

緩衝材をのけると、出ました、商品の箱です。ワクワクしてきました。

SONY DSC

じゃん!シンプルなデザインですが、カッコイイ写真のパッケージ。

SONY DSC

商品の箱を開けると、一番上に電源アダプタが入っています。

SONY DSC

その下には、取扱説明書が。

SONY DSC

いよいよスピーカー本体です。

SONY DSC

左右のスピーカーが接触しないように、包んであります。

SONY DSC

ソニーの新型タブレット、「Xperia Tablet Z」に取り付けてみました。
まるでミニチュアのテレビのようです。

イヤホンの穴に入れるだけですので、一般的なラジオやウォークマン、iPhoneやiPadでも、もちろん使えます。

今回のスピーカーは小型ですので、大音量とはいきませんが、タブレットやウォークマンを手軽に鳴らすには、ちょうどよいサイズと音だと思います。
何と言っても、1,980円という手軽さも魅力。

今回のお客様は、主に初代ソニータブレット「Sony Tablet S」でお使いになるとのこと。

「あれ?何でBluetoothの無線のスピーカーをすすめないの?」
と思った方、スルドイ!

しかし初代のタブレット「Sony Tablet S」は、無線LAN通信しながらBluetoothスピーカーを同時に使用すると、音が途切れてしまうことがあるのです。。。
経験上、うちでも再現しました。。残念。
以上の経験から、有線で接続するスピーカーの方が確実に音が楽しめる、とご提案させていただきました。

なお、新型のタブレット、「Xperia Tablet Z」は、無線LANでネット通信しながら、Bluetoothスピーカーで音楽を鳴らしても途切れることがありませんでした。
また、2代目となるタブレット「Xperia Tablet S」でも、Bluetoothスピーカー+無線LANで音が途切れたり通信が途切れることがありました。

初代の「Sony Tablet S」または2代目の「Xperia Tablet S」の方は、有線のスピーカーがお勧めです。
3代目となる新型「Xperia Tablet Z」は、無線、Bluetoothの接続が良くなったので、じゃんじゃんとBluetoothスピーカーを活用してもらえたら、と思います!

アクティブスピーカーは色々な種類があります。こちらでご覧ください。(画像をクリック)
icon
icon

スポンサードリンク