スポンサードリンク


写真は、当店の店主が台湾旅行で撮影した3Dビデオです。

3Dテレビの画面の写真を撮ると、このように二重に見えますが、実際に3Dメガネをかけてみてみると、、、

20130419-1
まるでその場に立って、見上げているかのような感覚です!

施設内にある模型を3Dで撮影すると、、

20130419-2
これまた、ミニチュアの立体感が心地よいです。
位置関係や構造が、立体に見えるのでよく分かります。

少しアップで撮影されていたので、ミニチュアの中を歩いているような、そんな感覚さえありました。
これはむしろ、現場で小さなミニチュアを見ている感覚を超えたとも言えます。

一時期、3Dテレビは「飛び出す映像!」
が強調されていました。
しかしそれは、3D機能のほんの一部なのです。

一時的な効果としては面白いですが、飛び出す映像ばかりでは疲れてしまいます。
3D映像の真骨頂は、飛び出すことではなく、
「自然な奥行きの表現」です。

現地で目の前に広がった光景、そのものを持って帰ってこられる。
海外の現場の空気感まで、自宅に持ち込める。

写真でもビデオでも残せなかったもの。
それは「奥行」でした。
真の意味で「深み」とも言えましょう。

「その場の深みまで残せる装置」、
それが、ソニーの3Dハンディカムです。

普段、両目で見る世界には奥行きがあります。
その状態を、そのまま記録する。
実は、3Dビデオは、とても自然な映像と言えます。

ぜひ、当店にて、実際に撮影した3Dビデオをご確認ください。
そして次はぜひ、皆様の目の前の出来事を、奥行まで残してください。

3Dハンディカムの詳しい商品情報はこちらです。

※3Dハンディカムの販売は終了いたしました。

スポンサードリンク