スポンサードリンク


磯村無線応援スタッフのいまころです。

明日10月11日(土)19時~
BSプレミアムにて、新アニメがスタートになります。
BSプレミアムは、みなさんご存じかと思いますが、地上波放送よりキレイに見ることができます♪
(BS放送は、地デジよりビットレートが高い=映像の情報が多いんですよ)

そんなBSプレミアムで、スタジオジブリの宮崎駿さんの息子、宮崎吾朗さん(「ゲド戦記」や「コクリコ坂」の映画監督)が初めてのテレビアニメ監督を務めます。
これは、風景の描写や世界観など楽しめそうです。

「山賊の娘ローニャ」(NHK BSプレミアム公式WEBサイトへ)
img_outline01

~あらすじ~(NHK BSプレミアム公式WEBサイトより一部引用)
深い深い森の奥の山頂にある古城で暮らす山賊マッティス。
嵐の夜に産まれたローニャは、両親と山賊仲間の愛情をうけてすくすくと育っていく。
ある日、ローニャは城を出て一人で森に行く許しをもらうことになるが、生まれて初めての外の世界は、美しくも危険な場所であった。
そして、ローニャは自分の力で、時には父と母の助けを借りて、徐々に生きるすべを学んでいく。
そんな中、ビルクという少年と出会い・・・

原作は、「長くつ下のピッピ」や「ロッタちゃん」で知られるアストリッド・リンドグレーンさん。
1958年に国際アンデルセン賞を受賞したスウェーデンを代表する児童文学作家さんなのです。

この山賊の娘ローニャ公式WEBサイトでみられる予告動画が、なんとも映画予告のようにワクワクさせる演出で、とても楽しいです。
映画「もののけ姫」を思わせる雰囲気を感じました。
「山賊の娘ローニャ」(NHK BSプレミアム公式WEBサイトへ)

明日10月11日は、初回特別放送で第1話と第2話連続放送されるようです。
また、放送直前関連番組「ローニャはこうして生まれた」が同日15時から放送されます。
宮崎吾朗さんの悪戦苦闘しながらの新たなる挑戦や原作者アストリッド・リンドグレーンさんの人生など、本放送をより楽しむための内容となっています。

私も久しぶりにアニメを見ようかなという気持ちにさせてくれた作品。
早速nasneに録画予約しました!
明日が楽しみです。

スポンサードリンク