スポンサードリンク


最近耳が聞こえづらくなった。
病院で自分の名前を呼ばれても気づかない。
補聴器をするほどでもない。

という方のためのソニー首かけ集音器(SMR-10)
その特徴をまとめました。

耳が聞こえづらくなってくると、
どうしてもテレビの音が大きくなってしまいますよね。

一緒にテレビを見ているご家族からしたら
「うるさいからもっと小さくして!」
と言ってケンカになるという話も
よく耳にします。

また、家族団らんの最中に
「え?なんだった?」
なんてそのつど聞き返されたら
その場の空気も微妙になってしまうし、
最終的には人と話をするのがおっくうになって
閉じこもってまったら
本人さんとしてもとてもつらいことです。

かくいう私の父も片方の耳が聞こえづらく、
家にこもりっきりな時間が多いんですよね。

ご家族の方も補聴器を勧めているのだけど
医者からそれほどでもないといわれていたり、
ご本人様(特に男性の場合)が補聴器に対してちょっといやだなぁと
感じることがあるようです。


ソニー首かけ集音器(SMR-10)は
そういった悩みのお助けになるかもしれません。


ソニーストアで首かけ集音器【SMR-10】の詳細をみる

ソニー首かけ集音器(SMR-10)の特徴

集音器にみえない

首にかけるタイプの集音器なので、
知らない人から見たら
おしゃれなヘッドホンをしているようにみえます。

まわりの声を自動で聞こえやすく調整

駅や繁華街など人が多い場所や
交通量の多い道路などの雑音を認識し
音量をおさえてくれるなど自動で調節し、
必要な音を聞き取りやすくしてくれます

これによって、
観光先でのガイドさんの声も聞きやすくなり、
快適に旅行を楽しめます。

また、耳元のイヤホンに高性能マイクがついており、
ハウリングキャンセリング搭載のため、
受話器を近づけた際に「ピー!ピー!」といった
ハウリングを防止。
集音器をつけたまま電話することもできますよ

自分の声も大きく聞こえるんじゃない?

まわりの声を大きくしているので、
自分の話す声も大きくなりがち。
しかし、マイボイスキャンセリングという機能を使えば、
自分の声を自動で調整してくれます。
相手をビックリさせない
自然な会話をすることができます。

操作が簡単

補聴器の場合は専門家によって
調整してくれますが、
多くの集音器は自分で調整しなければなりません。

ソニーのSMR-10は3ステップで
自動調整してくれるので、
10分程度の設定で使うことが出来ます。

また、
「左側だけ聞きづらいのよね」という場合でも
この設定を行う事で、
左右のバランスをそれぞれ調整してくれます

  1. イヤホンのモードを「調整」に切り替える
  2. 「調整」ボタンを押す
  3. 音声案内に合わせてボタンを押す

テレビスピーカーにもなる

充電台とテレビを付属の光ケーブルで接続すると、
テレビスピーカーに変身。

「テレビの音がうるさい!」という
ご家族の悩みも解決してくれます

ちなみにソニーはテレビスピーカーも
別に用意しています。

音量とチャンネルボタンがついているので、
テレビを見るときは
イヤホンをはずしたいという場合は
こちらをオススメします


世の中のお父さんを救う!お手元スピーカ-【SRS-LSR100】

ソニーは過去に補聴器を製造していた

ソニーは過去に補聴器を製造していた時期があります。

今回はそのノウハウも詰め込まれた集音器となっているので、
補聴器に近い集音器と呼べるのではないでしょうか。

当店で体験できます

SMR-10は磯村無線店頭にて
体験することができます。

気になる方は当店へお越しください

営業時間:14:00~19:00
定休日:火・日

TEL0565-45-4611

ご購入はソニーストアでも可能です

ソニーストアで首かけ集音器【SMR-10】の詳細をみる

スポンサードリンク